活動報告

同友会被災地支援

平成30年7月豪雨災害復興支援ボランティア活動

平成30年7月豪雨災害復興支援ボランティア活動(第4陣)

10月25日~26日、岡山県倉敷市真備町にて平成30年7月豪雨災害復興支援の第4陣によるボランティア活動が行われた。
25日より、ボランティアセンターが玉島地区から真備地区に移設され開所式などには地元メディアなどの報道も取材を行った。
11社25名で結成されたボランティア隊は8月時の作業内容であった床や壁剥がしに床下、納屋の土だしなどが主な作業となり、まだ手の届いていないところが見られたことから復興には時間を要すと実感した。
センター長からの話では、今回のボランティアセンターは来年の3月まで借りていてるので、ニーズがある限り続けていくとのことであった。
また、第4陣でも㈱エムズ・ユーの社員から当時の体験談や活動時の注意事項、㈱グランド商事・アドバンス、アシードから飲料を㈱エムズ・ユーから温浴施設利用券が提供された。

平成30年7月豪雨災害復興支援ボランティア活動(第3陣)

9月27日~28日、岡山県倉敷市真備町にて平成30年7月豪雨災害復興支援の第3陣によるボランティア活動が行われた。
11社24名で結成されたボランティア隊は残暑の中、床や壁剥がしに床下、納屋の土だしなどの力仕事が主な作業となり、まだまだ、ボランティアの手が必要と感じた。
また、第1陣、2陣同様に㈱エムズ・ユーの社員から当時の体験談や活動時の注意点を聞いた。
今回もボランティア活動に際して、アシードから飲料を㈱エムズ・ユーから温浴施設利用券が提供された。

平成30年7月豪雨災害復興支援ボランティア活動(第1陣、第2陣)

8月6日~10日、岡山県倉敷市において、平成30年7月豪雨災害復興支援ボランティア活動が行われた。第1陣(8月6日~8日)29名、第2陣(8月8日~10日)31名で結成されたボランティア隊は、豪雨による甚大な被害を受けた倉敷市真備町において、異常な酷暑のなか活動を行った。
活動は、被災者宅の床や壁を剥がしたり、床下や納屋の泥を掻き出したり、山積みされた災害ごみを撤去したりと多岐に渡った。また参加者らは倉敷市真備町に居住する、㈱エムズ・ユーの社員や、洪水に飲み込まれた地元ホールの社員らの体験談を聞き、当時の危機的な状況や、災害対策の教訓について多くを考える機会を得た。

ボランティア活動に際して、岡山県に本社を置く会員企業(㈱エムズ・ユー、㈱Lee)から、激励として、温浴施設利用券や飲料水が提供された。

PAGE TOP